ほくろの除去をすれば自信が甦る|値段を把握しよう

女の人

アフターケアが大切

カウンセリング

短時間で気軽に治療

顔に大きなほくろがあると気分が沈みがちになります。 シミやそばかすとは違って、化粧で隠すことは難しく、頭を悩ませている人は少なくありません。しかし、いざほくろを除去するとなると、痛みや傷跡の心配で中々一歩が踏み出せないという人もいるでしょう。近年、ほくろは医療の進歩によりあっという間に除去出来てしまいます。また、除去する際は麻酔を行うので、痛みもほとんど感じない事が多いです。ほくろの正式名は「色素性母斑」「母斑細胞母斑」と呼ばれるもので、メラニン色素を持つ細胞が増殖することによって出来ています。平らなものから盛り上がったものまで様々存在しますが、これに対し、シミとはメラニン色素が沈着している状態のことです。両者共、紫外線をたくさん浴びる顔に出来やすいのが特徴で、ほくろやシミで悩んでいる方は、昔たくさん外で遊んだ方や普段から外に出る頻度が高い方が多いです。ほくろはシミとは違い、美白化粧品類で消える事もありません。除去の方法は、様々な方法があります。例えば、除去クリームをほくろに塗り自然と取れるのを待つ方法やレーザーで焼いて除去する方法、メスでくり抜いて除去する方法、その他にもお灸で取る方法など様々です。しかし、メスでくり抜いて除去をするといっても、入院が必要なわけでも長時間病院に拘束される等ということは決してありません。1時間程度の手術で済むので、仕事が忙しくて長期休暇が取れないという人や、子供がいるので入院は出来ないという忙しい人でも、気軽に施術を受けることができます。治療はご自身でできるものから、皮膚科や美容外科等の病院でしか治療出来ない方法もあります。また、大きさや色の濃さによって治療期間は異なります。どの治療を行うにしろ、一度きちんと専門家に診てもらい、判断してもらうのがほくろを綺麗に除去するポイントです。まれに、ほくろと考えていたものが皮膚ガンだったケースもあるので、専門医に相談してみましょう。そして、治療後はそれぞれに合ったアフターケアをご自身でしっかりと行い、再発予防や傷跡を綺麗に治す事に努めましょう。また、新たなものを作らない為にも常日頃から、日焼け止めクリームを塗ったり、帽子を被ったりするなどの紫外線対策を試みるのもいいかもしれません。雨の日や冬でも紫外線は存在するので、日焼け止めクリームや帽子、日傘は外出時に欠かせないと言えるでしょう。