ほくろの除去をすれば自信が甦る|値段を把握しよう

ほくろとさよなら

できものはきれいに取ろう

鏡を見る女性

ほくろを除去するためには手術や炭酸ガスレーザー、さらにはバイボーラを使用するなどの方法があります。手術による方法は費用負担が少ないこと、炭酸ガスレーザーやバイポーラを使用した方法では傷が目立ちにくいなどの特徴があります。

アフターケアが大切

カウンセリング

今まで、散々悩んできたコンプレック。今現在、ほくろ除去は手軽に行える治療となっています。そのほとんどが痛みを伴いません。一度、専門家に相談してほくろを除去し、新しい人生の1ページを開いてみるのはいかがでしょうか。

顔の印象を変える方法

顔を触るウーマン

顔のなかでも目立つほくろは、自分で除去する方法もありますが、皮膚科や美容外科で施術を受けることもできます。そこではレーザー治療やメスで治療が行われており、美容目的の場合は基本的に自費で受けます。

理想の自分に近づくために

鏡を見る女性

こんな選択肢もあります

人は見た目が100パーセントではないにしろ、見た目はやはり重要な要素と考えている人は多いのではないでしょうか。他人からはチャームポイントに見えていても、本人にとっては悩みの種となっていることも多いです。「ほくろ」はまさにそんな存在ではないでしょうか。ほくろの除去手術を受ける人は年々増加しています。以前は「親からもらった体に傷をつけるなんて」と批判的な意見も多かったようですが、時代が変われば人の心も変わってきます。悩み続けるより、その人らしく生きられるひとつの選択肢として、ほくろの除去が受け入れられているのでしょう。気になるのはその費用ですが、除去したいほくろの大きさや除去の手法、どこで施術を受けるかでかなり変わってくるようです。まず、ほくろの大きさです。直径1mm以内なら5000円、以降大きくなるに従って値段が上がり、5mm未満で1万円、それ以上になると要相談、というのが相場のようです。ただし、直径は同じでも大きく盛り上がっているものの場合は余計に料金がかかります。次に施術方法ですが、メスや電気メスを使う方法、レーザーを使う方法などがあります。ほくろの位置や大きさによって適切な方法を選びます。それほど大きくないものならレーザーで除去出来ますが、大きかったり、盛り上がった厚みがあったりするほくろだとメスや電気メスを使って直接除去します。つまり、レーザーよりもメス治療の方が料金がかかるということです。ところで、ほくろにも良性と悪性のものがあり、悪性だと将来がんになることもあります。その可能性のあるものは特に芯が残らないよう、メスでしっかり取り除く必要があるそうです。続いて、どこで施術を受けるかですが、これは健康保険の適用内か適用外かにも関わってきます。主にほくろの除去をしているのは、皮膚科と美容整形外科です。美容整形外科で施術を受ける場合、ほぼ自費での支払いになります。また、カウンセリング料金が別途かかる場合もあります。こう聞くと皮膚科の方がリーズナブルに思われますが、皮膚科ならすべて健康保健が適用されるということでもありません。施術内容によっては保健適用外の場合もありますので、担当の医師からしっかり説明を受けるようにしましょう。さらに忘れてはならないのが、ほくろ除去自体の料金にプラスしてかかる費用でのことです。施術中の麻酔や施術後の患部に塗る薬、ケア用品代も念頭に入れ、予算を組むといいでしょう。

クリニックでなくす方法

鏡を見る女性

ほくろはしかるべき医療機関でレーザーを照射したり、メスで切除したりすることで消すことができます。小さなほくろであれば、レーザーの照射で除去できます。盛り上がった大きなほくろはメスで切除するのが効果的です。

あこがれのシミ一つない肌

カウンセリング

ほくろの除去方法として、自己処理も含めた様々な方法があります。失敗のリスクを考えると、専門機関で治療を受けることが推奨されます。ほくろの大きさや場所などにより治療法や値段も変わってくるので、一度専門機関に相談するとよいでしょう。